DMM英会話の教材

DMM英会話の教材は良心的でいかなるレベル・目的の人でも便利

ここではDMM英会話の教材について私の体験談をお伝えしていきます。

 

オンライン英会話の教材は会社ごとに有料・無料の違いがあり、また、教材の量やカバーしているジャンルも異なるため、事前の確認が必要です。

 

オンライン英会話のレッスン形態は、講師とざっくばらんに自由に会話をするフリートークと、教材を使用して行うレッスンの2つがあります。

 

初心者がいきなりフリートークに挑戦するのは難しく、はじめのうちは教材を使ってレッスンを進めていくことになります。

 

DMM英会話をはじめ多くのオンライン英会話では教材を無料で使用することができますが、全てのオンライン英会話が無料で教材を使用できるわけではありません。

 

教材が有料のオンライン英会話の場合は、指定された教材をAmazonで買う、もしくはオンライン英会話の会社から買うことになります。

 

つまりはレッスン料以外にもお金が必要になってしまうので、オンライン英会話を使うなら教材が無料なオンライン英会話に限ると私は思っています。

 

有料・無料の次に大切になるのは、教材の質・量・ジャンルです。

 

まずは教材の質についてです。

 

私はこれまで9社のオンライン英会話を使用しましたが、教材の質については「この会社の教材が良い」というように感じたことはありません。

 

会社によって大きな差を感じませんでした。

 

日常英会話の教材であれば、一般的な日常英会話についての内容ですし、旅行英会話の教材であれば、一般的な旅行での英会話についての内容になっています。

 

ですので、考える必要があるのは、教材の量とジャンルです。

 

教材の量については、やはり量が多いオンライン英会話の方が良いです。

 

DMM英会話では何百単位で教材の数がありますが、教材が数えるほどしかないオンライン英会話の場合ですと、数ヶ月間レッスンを受講したら使える教材がなくなってしまいます。

 

教材の数が少なくて十分な学習ができるのかという疑問もありますし、教材の数が少ないがために同じ教材ばかりを繰り返し使うのも非効率に思えます。

 

ですので、DMM英会話のように教材の多いオンライン英会話を使用した方がいいでしょう。

 

次に教材のジャンルについてです。

 

DMM英会話教材

↑DMM英会話の公式サイトから引用

 

 

上の画像はDMM英会話の公式サイトの教材の選択画面です。

 

日常英会話入門、日常英会話初級、日常英会話中級、日常英会話上級、旅行英会話、キッズ、デイリーニュース、ビジネス英会話初級、ビジネス英会話中級、発音、瞬間英作文、TOEIC対策、スピーキングテスト などなど

 

以上がDMM英会話で使用することができる教材のジャンルです。

 

DMM英会話では幅広いジャンル、幅広いレベルがあるからこそ、自分にあったレッスンを受けることができます。

 

しかし、教材のジャンルが少なく、レベルの設定も狭いオンライン英会話ですと、自分に合ったレッスンを受けることが難しくなります。

 

教材のジャンルやレベル設定が多いのにこしたことはありません。

 

そういう意味から私はDMM英会話が一番だと思っています。

 

DMM英会話の無料の体験レッスンを受講すると、すべての教材の内容を見ることができるので気になる人はぜひ受講してみてください。

 

DMM英会話の私の体験談へ

 

DMM英会話の講師-5